就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

LGBTに関する企業の意識調査結果

LGBTに関する企業の意識調査結果

一般社団法人 日本経済団体連合会が
LGBTに関する企業の意識調査結果を公表しました。

LGBTに関する企業による取り組みが「必要」と答えた企業は90%以上で
4分の3の企業が既にLGBTに関して何らかの取組みを実施または検討している
ということが分かりました。

概要

1.LGBTに関して、企業による取り組みは必要だと思うか?

 ・思う    91.4%
 ・思わない  0.4%
 ・分からない 8.2%

2.LGBTに関して、何らかの取り組みを実施しているか?

 ・すでに実施 42.1%
 ・検討中   34.3%
 ・予定なし  23.2%

3.上で「すでに実施」または「検討中」を選んだ場合、
  取り組みとしてあてはまるものをすべて選択

 ・社内セミナーなどの開催           91.8%
 ・LGBTの社員に向けた社内相談窓口の設置  82.8%
 ・採用活動における配慮            65.7%
 ・性別を問わないトイレなど職場環境の整備   52.2%
 ・社員向け人事制度の改定           32.8%
 ・LGBTに関連する社外イベントへの協力   23.9%
 ・LGBTに配慮した商品・サービスの開発   17.9%

LGBTに関する取り組みが必要だと思う理由としては、
「生産性向上」が1位になっていますが
「人材獲得におけるアピール」
「社会における自社イメージの向上」
のために必要だと答える企業も多かったようです。

今はLGBTの人が身近にいなくても
対応を考えておくことで
社外にアピールできることは増えますし
LGBTへの対応を事前に決めておくことで
要らぬトラブルを防止することもできます。

コメント


認証コード2293

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional