就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

仕事と家庭の両立支援対策の方向性

仕事と家庭の両立支援対策の方向性

急速な高齢化が進行する中、
要介護認定者数は増加し
家族の介護や看護を理由とする離転職者数は
年間約10万人となっています。

企業にとっても40代50代の中核的な人材が
家族の介護により離職することなく
安心して働き続けられる環境の整備は、
企業の持続的な発展にとって重要な課題です。

介護離職を防止し、
仕事と介護の両立を可能とするための制度については、
いつまで続くか分からないという介護の予見性の低さ、
個々の事情の多様性、家族に求められる対応の変化
に対応できる制度に見直す必要があり
厚生労働省で検討しています。

仕事と家庭の両立支援対策の充実について 

介護休業について 

育児休業給付について 

休業給付の見直し案 

コメント


認証コード6627

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional