就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

新型コロナウイルス流行に対する企業の対応

新型コロナウイルス流行に対する企業の対応

株式会社MS-Japanが
新型コロナウイルス流行に対する企業の対応に関する
調査結果を公表しました。
調査結果は810名の回答をまとめたものです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000042843.html

1.新規導入した社内制度

 ・時差通勤制度        35.2%
 ・フレックスタイム制度     7.9%
 ・テレワークや在宅勤務制度  23.8%
 ・自転車・自動車通勤制度    1.2%
 ・子連れ出勤制度        2.2%
 ・その他            6.3%
 ・特になし          49.1%
 
 (その他)
  ・体温計測37.5℃以上は出社せず自宅待機
  ・小さなお子さんの居る社員を対象とした特別休暇制度
  ・食堂の利用時間をずらし、かつ座席の向きも一方向に統一する
  ・対面営業からWEB営業への切り替え
 
2.新規導入したシステム・ツール

 ・Web商談ツール       2.5%
 ・Web会議システム      7.5%
 ・Web面談ツール       1.5%
 ・チャットツール       4.0%
 ・リモートアクセスツール   5.9%
 ・ファイル共有ツール     2.2%
 ・タスク管理ツール      1.1%
 ・緊急連絡ツール       3.7%
 ・そのほか          2.2%
 ・特になし         78.9%
 
 (自由回答欄より抜粋)
  ・既にWeb会議システム ・チャットツール ・ファイル共有ツール等
   普段より使用している為特に新しいシステムやツールを導入する
   予定は無い

  ・本件が発生する以前よりスカイプによるWEB会議を実施済み。
   今回のケースによりこの頻度が高くなった。

  ・時差出勤、Web会議は昨年の働き方改革により元々導入していた。

  ・Web会議システム、リモートアクセスツールも従前より導入済みで、
   多く社員が利用している。

  ・Web商談ツールの利用枠を増やした。

コメント


認証コード0774

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional