就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

新型コロナ感染症の影響による社会保険料の納付猶予

新型コロナ感染症の影響による社会保険料の納付猶予

新型コロナウイルス感染症の影響により
事業収入に相当の減少があった企業については
申請により、特例として
厚生年金保険料・労働保険料等の納付を1年間猶予できます。

この納付猶予の特例が適用されると
担保の提供は不要となり、延滞金もかかりません。

【対象となる事業所】
以下のいずれも満たす企業が対象です。

① 新型コロナウイルスの影響により
令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において
事業収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

②厚生年金保険料・労働保険料等を一時に納付を行うことが困難であること。

【対象となる期間】
 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに
 納期限が到来する厚生年金保険料及び労働保険料等が対象です。

 上記の期間のうち、既に納期限が過ぎている
 厚生年金保険料・労働保険料等についても
 遡ってこの特例を利用できます。

<リーフレット>
○厚生年金保険料等
https://www.mhlw.go.jp/content/12500000/000626844.pdf

○労働保険料等
https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000627591.pdf

コメント


認証コード6465

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional